CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NEW ENTRY
PROFILE
ARCHIVES
LINK
沖縄事情本音と建前
 

今週の頭から行ってきた沖縄ですが、今普天間基地の事でかなり騒がれているのは皆さんもニュース等で御馴染みでしょう。

島の知人数人にこの事について色々話を聴いてみた。
すると、本音と建前とやはりあり、基地が無くなってしまうと仕事で困る人が大勢現実問題で出てくるし、基地内で働くという事は沖縄では他で働くより福利厚生、給料面でも優遇されていて競争率の高いはながたの就職先という事だそうだ。

また、レストランやBAR、米兵の民間委託居住施設も、ヘタな日本人よりよほど金を持っていて使ってくれると言う話だ。
長年軍に勤務している兵隊は軍から色々な補助金やら手当てが出て、かなり裕福な生活をしている様子が良く分かる。
観光で来ても金を落とさない日本人では頼りにならないって事。
ちょっと経済的にもアメリカに追い抜かれてるようで残念だが、今の日本、もっと頑張らないといけないような気もする。

そんな事でアメリカと上手く共存して行く策をとろうとしている島民もかなり多い。
しかし、度々粗相をする米兵やに対する怒りは親族にとっては耐え難い事だろうし、夜中でも平気で離発着するジェット機の騒音も毎日のように悩まされている人達も大勢いる。

でも結局は、はなから普天間に移設する事は分っていたらしい。
ただそこで、日本政府がどのような対応を今後取ってくれるのか、沖縄にアメリカが無くても活きて行ける対策をしてくれるかも問題になってくる。

今回の鳩山さんの行動だが、島民の人はTVで流れているほど怒っている様では無さそうだ。かえって数回にわたって沖縄まで来て頭を下げて話し合いに来た総理は居なかったと言う意見もあった。

今現在では僕はこうして米兵の友人やアメリカ本土に居るアメリカ人と仲良くやっているが、暗い過去を持つ沖縄事情は複雑である。

昔は琉球と言う国で僕は個人的に沖縄の人は日本人ではない様な気もする。これは差別の意味ではなく、日本人になったばかりにと言う想いがあるから。

太平洋戦争で日本として参加したばかりに、日本の為に多くの犠牲を払って、本土の人達では分らないようなアメリカに占領された惨い爪跡はまだ癒えていないのは確かである。

2010.05.28.Fri 14:42 | -

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.